メンバー紹介

研究員

名前 渡部 宏樹 (わたなべ ひろき)
E-mail: h-watanabe(あっと)nict.go.jp
Preparation
学位修士 (学術)
学歴
2019 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士課程 単位取得満期退学
2014 神戸大学大学院 国際文化学研究科 修士課程修了
2012 立命館大学 文学部 人文学科 卒業
職歴
2019.4- 国立研究開発法人情報通信研究機構 脳情報通信融合研究センター 脳情報工学研究室 研究員
2018.3-2019.3 独立行政法人 日本学術振興会 特別研究員

研究テーマ

機械学習手法を用いて、脳情報からヒトの状態・思考を推定する脳情報デコーディング技術を研究し、社会に実応用するための研究を行っています。

業績

学会発表
  • ≪国際会議≫
  • Tanaka, H., Watanabe, H., Maki, H., Sakti, S., & Nakamura, S. (2018). Single-trial detection of semantic anomalies from EEG during listening to spoken sentences, International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC), pp. 977-980, Honolulu, U.S.A., July, 2018.
  • Watanabe, H., Tanaka, H., Sakti, S., & Nakamura, S. (2017). Subject-independent classification of Japanese spoken sentences by multiple frequency bands phase pattern of EEG response during speech perception, Interspeech 2017, pp. 2431-2435, Stockholm, Sweden, August, 2017.
  • Pintér, G., & Watanabe, H. (2016). Do GMM phoneme classifiers perceive synthetic sibilants as humans do?, Interspeech 2016, pp. 1363-1367, San Francisco, U.S.A., September, 2016.
  • Pintér, G., & Watanabe, H. (2015). Perceptual model evaluation using non-categorical data: A case study with Japanese sibilants, International Conference on Phonetics and Phonology, Tokyo, Japan, September, 2015.
  • ≪国内会議≫
  • Watanabe. H., Tanaka, H., Sakti, S. & Nakamura, S. (2018). Sentence classification based on phase patterns in EEG neural oscillation during imagined speech, Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Kobe, Japan, July.
  • 田中 宏季・渡部 宏樹・真木 勇人・サクティ サクリアニ・中村 哲. (2017). 音声文聴取時における意味違反が生じた際の脳波自動判別, 信学技報, 117(375), pp.5-8, 宮城, 日本, 2017年12月.
  • Watanabe. H., Tanaka, H., Sakti, S. & Nakamura, S. (2017). Subject-independent consistency of EEG phase patterns during auditory perception of Japanese spoken sentences, Annual Meeting of the Japan Neuroscience Society, Chiba, Japan, July.
  • 渡部 宏樹・田中 宏季・サクティ サクリアニ・中村 哲. (2017). 音声知覚時における脳神経活動の位相パターンとSVMに基づく日本語音声刺激の識別, 信学技報, 116(435), pp.9-14, 福岡, 日本, 2017年1月.
  • 渡部 宏樹・横川 博一. (2014). 日本人英語学習者の単語音読時・黙読時における語強勢情報のオンライン利用-反復接触による学習効果-, The Japanese Society for Language Sciences, 埼玉, 日本, 2014年6月.
  • 渡部 宏樹・横川 博一. (2013). 日本人英語学習者の英文黙読中の単語認知および英単語発話時における語強勢情報利用の非対称性, 信学技報, 113(253), pp.7-12, 東京, 日本, 2013年10月.
  • 渡部 宏樹・横川 博一. (2013). 日本人英語学習者における英文黙読時の韻律表象の心的実在性に関する一考察, 全国英語教育学会, 北海道, 日本, 2013年8月.
外部研究資金取得
  • 2018-2019年 (独)日本学術振興会 特別研究員奨励費
  • 2017-2018年 (公財)奈良先端科学技術大学院大学支援財団 教育研究活動支援
  • 2016年 (公財)情報科学国際交流財団 研究者海外派遣助成
page top